パニック障害とは

パニック障害の治し方 - 認知行動療法とは

まずはこちらの記事から

パニック障害・不安障害とは

目次 パニック障害・不安障害ってなに? パニック障害はなぜ起きるの? パニック発作って具体的にどんな症状なの? パニック障害はどうやって治したらいい? パニック障害・不安障害ってなに? 「パニック障害 ...

続きを見る

パニック障害はどうすれば治る?

パニック障害から回復するためには、「認知行動療法」と呼ばれる心理療法が最も有効だと言われています。

認知行動療法ってなに?

認知や行動の偏りをバランス良くして、精神由来の諸症状を改善していく治療法で、あがり症やうつ病などにも広く使われている心理療法です。

臨床実験において薬物療法と同等あるいはそれ以上の高い効果が示されており、日本では既にうつ病に対して健康保険の適用も認められています。

認知行動療法のメリットとして、再発率の低さが挙げられます。ネガティブなものの見方を根本から改善していく治療法なので、ストレスに対処する力が養われ、心の状態が再び悪くなるのを予防できるというわけです。

認知行動療法の効果を実感するまでには、ある程度の手間と時間がかかります。しかしそれを補って余りある効果が見込めますし、何より副作用のようなデメリットがありませんので、あまり難しく考えずにまず試してみられる事をおすすめします。

認知行動療法の良いところ

  • 薬物療法と同等もしくはそれ以上の高い効果がある
  • 一度回復したら、再発する確率が低い
  • 金銭的負担が少ない
  • 副作用がない
なんだか良いことづくめに思える認知行動療法だけど…具体的には何をすればいいのかな

 

パニック障害における認知行動療法とは

パニック障害では、本来なら危険を感じる必要のない状況で無用の不安を感じてしまい、それに伴って息苦しさやめまいなどいった身体症状や、「死んでしまうのではないか」という強い恐怖感に襲われます。

しかし、「ここへ行ったら発作を起こしてしまうのではないか」「発作を起こしたら死んでしまうのではないか」「自分をコントロールできなくなるのではないか」という不安(=予期不安)は間違っています。実際には起こることはないのに、必要以上に心配しているだけなのです。

 

でも苦手なシチュエーションになると、実際に動機や吐き気、恐怖感に襲われるんだよ
その「パニック発作」をやっつける方法もあるんです。これから一緒に学んでいきましょう

 

無用な不安(=誤った認知)を訓練を通して修正していく。それが、パニック障害・不安障害における認知行動療法となります。

訓練を進めていくと、さまざまな予期不安は実際に現実のものになる事はないのだという事が分かってきます。例えば「死んでしまうのではないか」と思ったとしても、パニック発作で実際に死んでしまうような事は決してありません。

また「発作を起こしてしまうのではないか」と思ったとしても、発作というものの実態さえ理解すれば、発作自体を予防したり緩和したりする事もできるようになります。

認知行動療法の効果

「…したらどうしよう」という予期不安が現実にはならない事を学び、不安感や恐怖感を元から無くしていく

 

認知行動療法の3つの目的

認知行動療法には大きく3つの目的があります。具体的には次の3つです。

3つの目的

  • パニック発作を予防する
  • 苦手なシチュエーションを克服する
  • 不安感や恐怖感は「勘違い」である事を理解する

目的を達成するには、それぞれ訓練に取り組む必要があります。どれも難しい訓練ではありませんが、最初は戸惑う事もあるでしょう。

では早速、それぞれのやり方を詳しく解説していきます。

次はこちらをCHECK

認知行動療法① パニック発作を予防する

まずはこちらの記事から そしてこちらもCHECK 目次 パニック発作の症状をコントロールするために 過呼吸ってどういうもの? 過呼吸を防ぐ「呼吸法」とは パニック発作の症状をコントロールするために ま ...

続きを見る

 

不安障害についてもっと知りたいなら

関連書籍がたくさん出ていますので、何冊か読んでみるのがオススメです
具体的な治し方からストレスケアまで、いろんな関連本が出ていますよー

不安障害の本を検索してみる

(外部リンク)丸善・ジュンク堂の総合書店「honto」より

-パニック障害とは
-

© 2021 パニック障害が治ったので書いてみます Powered by AFFINGER5