アーカイブ

【パニック障害】タックルの恐怖と予期不安の克服方法は同じだった

こんにちは、あろはー。管理人まー、です。

先日のラグビーワールドカップ、病室で声を殺して応援しておりました。

実は私、今回の日本対スコットランド戦で初めてラグビーの試合をちゃんと観たのだけど。いやはや、これはハマりますね。感動しました。

何度阻止されても、めげずにタックルを繰り返してゴールににじり寄っていくラガーマンたちの眼光。食いしばった歯や、滝のような汗。痛みに歪む表情。

人というのは、かくも美しいものかと。

スポーツというよりも、むしろ眩しい光を眺めるような感覚がありました。手術したばかりだったから、彼らのみなぎる生命力のようなものが、なおさら眩しかったのかもしれません。

そして、タックルを受けた選手が頭から血を流したり、肩を抱えて痛みに耐えたりしている姿を見つめながら、ずっと考えていました。

なんだか既視感があるぞ。私もこんな風に戦った事がある気がする。そうだ、認知行動療法だ。恐怖や不安と戦いながら、震える足を電車の中へ踏み入れた時。

傍目には普通に見えただろうけれど、心象は違った。まさに痛みに耐えながら、必死で前へ進もうとするラガーマンだった。

いつのまにか画面の向こうのラガーマンと、かつての自分、そして術後まもない今の自分を重ねておりました。

いや、思い上がりでしかないのですけどね。

彼らが対峙しているであろう恐怖は本当に命に関わるものだから、死に直結しないパニック発作のそれとは次元が違うと言えば違うのだけど。

いや、だからこそ尊敬の念が沸き起こるばかりでした。

点数をもぎとるために、命あるいは大怪我に関わるかもしれないプレーを繰り返すラガーマンたち。

恐怖心が無いわけないと思うのですよ。だって誰だって痛いのは嫌だもの。死ぬのは怖いと思うもの。

彼らはその恐怖心、どうやって払拭しているのだろう。

 

タックルの恐怖に打ち克つ要素、自信・慣れ・経験

いろいろ調べてみると、やはりタックルに恐怖心を抱くというのはラグビーによくある事のようで。その克服方法について書かれたサイトもたくさんありました。

要約するに、だいたい3つの要素が挙げられそうです。

①まずは、自信

日頃から練習、対策、身体作りをしっかりやって、自信をつける事。

②そして、慣れ

何度もタックル練習やミニゲーム、試合を重ねて、タックル自体に慣れる事。

③あと、経験

実際にタックルを繰り返す中で、色んなパターンを経験して知識を得る事。加えて、タックルの成功経験を積む事。

ふむ。

これって、まんま認知行動療法にも当てはまりますね。

  1. 日頃から健康管理や体力づくりをして自信をつける
  2. 何度も認知行動療法にチャレンジして、それに慣れる
  3. 認知行動療法を繰り返して、成功体験を積む

つまり、タックルの恐怖の克服方法は、予期不安の克服方法とほとんど同じというわけです。

もしかするとあらゆる恐怖症の克服方法は、概して同じプロセスなのかもしれません。

ともあれ、ラガーマンはヒーローですね。

彼らが戦っている恐怖は、実際に生命や大怪我の可能性があるという意味でも、パニック発作や予期不安より実態のある恐怖です。そんな恐怖に打ち勝って試合をしているなんて、もうヒーローそのものじゃないですか。

パニック障害の予期不安を抱える人にとっては、最高のロールモデルになるかも。

ラガーマンの著書などは、不安障害のメンタルコントロールにもかなり有用かもしれませんね。

ちょっと読んでみたいな。何かオススメがあれば教えてください。

-アーカイブ