不安障害全般

【パニック障害】症状の回復を、深層心理が邪魔していたという話

こんにちは、あろはー。管理人まー、です。

今日は私が実践した認知行動療法について、ザザザッとまとめてみたいと思います。そして、発作の要因が思わぬところに隠れていた話もついでにひとつ。

 

思考のクセを治し、ひたすら行動する事で自信をつけていく認知行動療法

パニック障害やうつ病の治療に効果的だと言われる「認知行動療法」。具体的には「認知療法」と「行動療法」に分けられます。

認知療法とは、本来なら何一つ恐れる必要のない場面で無用の恐怖を感じてしまう(例えば、電車に乗ると恐怖を覚えるとか)ような、いわゆる「認知のゆがみ」を修正していく治療法

行動療法とは、恐怖を感じる状況にあえてチャレンジして成功体験を積む事で自信をつけていく療法。電車に乗ると恐怖を感じる人なら、何度も電車に乗ることで最終的に「もう大丈夫」って思えるようになるってやつですね。

ざっくり言えば、座学と実技。みたいな。厳密にはちょっと違うんですけど、イメージはそんな感じ。

認知療法で思考のクセ(専門的には「自動思考」と言うらしい)を把握して、行動療法で本来あるべき思考を頭に叩き込んでいく感じ。

いやはや、私もずいぶんお世話になりました。

私のパニック障害克服の要因は、90%が認知行動療法だと思っています。

 

不安レベルを設定して、1段階ずつチャレンジを重ねていった

私の場合、わりと早い段階で「認知」面が「とにかく呼吸コントロールさえすれば大丈夫」という結論に落ち着いたので、あとは「行動療法あるのみ」状態に。

ということでまず、恐怖を感じる状況にそれぞれ不安レベルを設定して、レベルの低いものから順にチャレンジし、徐々に恐怖に慣れていくようにしました。

これ、「エクスポージャー法」と言うらしいです。当時は知らずにやっていましたが。

で、私はこんな感じ。(不安レベル低→高)

私がやった行動療法(ざっくり)

  • 近所を散歩する
  • バス(10分)に乗って駅に行く
  • 各駅電車に乗る
  • 車に乗る
  • 車で高速道路を走る
  • パートの仕事をする(週3日ぐらいから)
  • フルタイムの仕事をする
  • ホテルに1泊する
  • 高速バスでどこかに行く
  • 飛行機で海外に行く

完全に旅仕様です。もう、本当に旅行が生きがいでして。

一進一退を繰り返しながら、ひとつひとつチャレンジを重ねるうちに、少しずつ自信がついていきました。

当初はお風呂や足湯も怖かったし、家族の生活音でもビクビクしていたのだけど、こうして自信がついていくと同時に、日常の瑣末なドキドキもなくなっていきました。

 

「自分でちゃんとコントロールした」のだという事を、毎回ちゃんと自覚する

ひとつ心がけたのは、何かにチャレンジして乗り切った時に「なんだかよく分からないけど大丈夫だった」と思わないようにした事。

大丈夫だった理由をちゃんと明確にするようにしたのです。その方が認知療法の効果が高まると思ったから。

だからチャレンジの後はいつも「私が呼吸をコントロールしたから大丈夫だったんだ」という思いを、噛みしめるようにしました。

これは自己催眠の類ではありません。実際に呼吸コントロールのおかげでしたから。逆にチャレンジがうまくいかない時は、概して呼吸コントロールができなかった時でした。

名付けて「成功体験噛みしめ作戦」。これ、かなり効果的だったと思います。

おかげで、迷わずスムーズに呼吸コントロールできるようになったし、ちゃんと回復に向かっているという実感を得る事もできました。

 

認知行動療法と同時進行で、ストレスの原因を探る

あと、パニック障害のおおもとって、ストレスじゃないですか。だからストレスの根本を解消していく作業を、認知行動療法と同時進行でやっていきました。

私のストレスの原因は、まあ、いろいろあったのだけど、1番大きなのが「親」の事。

物心ついた頃から親の機嫌に振り回されてきたせいか、自分の感情をストレートに伝える術を知らなかったのですよ。「しんどいです」「これ以上面倒みきれません」「いい加減に大人になってください」っていうのを、パニック障害になる事で間接的に訴えていた節は大いにありました。

「ほらみろ、あなたたちが私を振り回すから、私こんな病気になっちゃったんだぞ、ほら」みたいな。身をもって抗議する、みたいな。一種の見せしめ、みたいな。深層心理レベルだったので、自分でもなかなか気づきませんでしたが。

で、ふと「あー、私のパニック障害って、親に対する抗議も入ってるのかもしれない」って思った時に、ちょっとスンッて冷めたんですよね。

抗議のためにこんなに苦しい思いするなんて、なんとナンセンスなんだろうって。何の得にもなりゃせんわいって。

その後、親とちゃんと話をして真面目に抗議しました。感情的になって泣いたりもしたけど、できるだけ冷静に。「私がこんな風になったのは、あなたたちのせいです。あなたたちがいかに罪深い事をやってきたのか、胸に手を当てて考えなさい」的な事をハッキリと言ってやりましたよ。いや、ここで変に被害者ぶって「あれが辛かったのよー、これが傷ついたのよー」みたく言うのも、なんかちょっと嫌だなあーと思って。なんだその妙な美学。我ながらつくづくめんどくさい奴ですわ。

でも同時に、これもちゃんと伝えました。

「育ててくれて感謝しています」

初めてちゃんと伝えられた。よかった。

これを機に引越しして、親と多少の距離を置く事にしました。円満引越しですよ。この引越で実にストレスの90%が解消されましたよ、ほんと。同時に症状も加速度的に改善していった気がします。

距離を置く事で、親には親で色々あったんだろうなーなんて事にも考えが及ぶぐらいには余裕も出たし。

今は本当に親子仲良しです。一緒に旅行なんかもよく行きますし。

親とうまくコミュニケーションとるきっかけをくれたパニック障害、改めて感謝、感謝。

 

まとめ 深層心理はあなどれない

とまあ、こんな具合に。認知行動療法とストレスの根本原因の解消を地道にコツコツやっていくのが回復へのセオリーですよね、やっぱり。

そして、ストレスの原因を探っていく中で、ある種「見せしめ」的な要因はないか疑ってみるのも手かもしれません。いや、私みたいにめんどくさい人もなかなかいないかもしれないけれど、実際本にも書いてあるのですよ、この手の事。

前に紹介した「不安障害の認知行動療法(1)パニック障害と広場恐怖 患者さん向けマニュアル」(星和書店)には、症状が続いた方が何か都合のいい事がある場合、それが「回復の妨げ」になる事がある旨の記述もありますし、選択理論の本にも似たような内容の記載があります。症状が出る事に何かしらのメリットを感じている場合、それが無意識だとしても回復の妨げになりうる、と。

深層心理って、つくづく面倒。だけどクリアになったおかげで私もずいぶん素直になれました。やっと大人になれたっていう気もする。あなどれません、深層心理。(おわり)

ここに記載の治療法や対処法は、あくまで個人的見解に基づいています。 効果の有無や程度は保証できませんので、ふーん、そういう事もあるんだねー、ぐらいの感じでご理解いただけると幸いです。
ブログ管理人の自己紹介とパニック障害の経緯などはコチラ→「ごあいさつ

不安障害についてもっと知りたいなら

関連書籍がたくさん出ていますので、何冊か読んでみるのがオススメです
具体的な治し方からストレスケアまで、いろんな関連本が出ていますよー

不安障害の本を検索してみる

(外部リンク)丸善・ジュンク堂の総合書店「honto」より

-不安障害全般
-,

© 2021 パニック障害が治ったので書いてみます Powered by AFFINGER5