ごあいさつ

ごあいさつ

ブログをご訪問くださいまして、ありがとうございます。
はじめまして。管理人まー、と申します。

ブログタイトルのとおり、パニック障害発症から完治に至る体験談を、つれづれに綴っております。
ここでお会いしたのも何かのご縁ですから、まあ、ホットチャイでも飲んで、ゆるりとしていってくださいまし。

 

私について

管理人まー

1980年生まれ。女。未婚。
中肉中背。ど近眼。
生まれも育ちも関西。ハワイ・NYに住んだことも。
今は田舎暮らしを夢見つつ、都会の片隅で一人暮らし中。
薬膳アドバイザーの資格(あんまり活かせてない)を持っていたりする。

旅好き。とりわけアメリカ南西部の荒野が大好き。海も好き。
あと、料理、ワンコ、ニャンコ、ついでに鳥全般とミツバチが好き。
非喫煙(20代の最後で禁煙)、お酒は好きだけど弱い。
常に運動不足気味。何事も三日坊主傾向。
英語の勉強がてらアメリカのTV番組をよく見ます。オーディションものとか。
あ、それとお笑い大好き。最近は金属バット(漫才コンビ)に夢中。おぎやはぎ、千鳥は平常運転で好き。

打たれ弱い、周りの評価を気にしすぎる、子どもの時から低血圧(上が100もない)、人見知り。そのくせ不真面目、ぐうたらで、すぐ「まいっか」「なんとかなるでしょ」「とりあえず寝る」と言う。昔から「変わってるね」と言われがち。

とまあ、こんな女です。
基本的な志向は昔から変わっていませんが、パニック障害になる以前は、見栄っ張り、プライド高い、素直じゃない、リア充ぶる、などのこじらせ傾向が如実でした。(今はずいぶん素直で穏やかになりましたです。)

あ、そうそう。そうなのです。私、パニック障害だったのです。
「だった」というわけで、そう、現在はすっかり良くなって、すこぶる元気。
ヒマさえあれば旅行の計画ばっかり立てています。お金もないのにすぐ「どっか行きたいー」とか言います。日々、のん気に暮らしております。アラフォーだけどね。はっはー。

 

ブログについて

数年前から、多くの芸能人や有名人がご自身のパニック障害をカミングアウトされていますよね。堂本剛さん、星野源さん、長嶋一茂さん、中川家の剛さん、IKKOさん、大槻ケンヂさん、いとうせいこうさんなどなど。ジャンルを問わず本当にたくさんの方が、テレビなどで体験談を公表されています。

私もパニック障害にかれこれ3年ほど(前兆を加えると5年ほど)悩まされました。
渦中の私にとって、有名人の方々のカミングアウトは、そう、芥川龍之介の小説に出てくる蜘蛛の糸みたいでした。
地獄に落ちたカンダタにお釈迦さまが差し伸べた、救いの糸。

ああ、こんなにも明るくて楽しくて元気に輝いている彼らだけど、画面の裏側では人知れず苦しんでいたんだ。
苦しいのは私だけじゃなかったんだ。
そっか。よし。私もがんばるぞ。

そう思えました。本当にありがたかった。

私は有名人ではありません。しがない地方OLでございやす。
だから、私の体験談が誰かを救うとは、まさか露ほども思ってもいないのだけど、今パニック症状で苦しんでおられる方が私のブログを見つけて、「ああ、私だけじゃないんだ」と思ってくれるのなら、本当にうれしい。
あわよくば、何かしら回復のヒントになったら最高にうれしい。

そんな気持ちで、書いています。

一方、私のパニック体験の忘備録でもあります。
試してみて効果のあった治療法や対処法なども記していますが、あくまで個人的見地に基づいていますので、効果の有無や程度は保証できません。
ゆるっと、さくっと、だらっと読んでいただくことをオススメします。

 

パニック障害の経緯を、ざっくりと。

というわけで、経緯をざっくり紹介しておきます。


  • 20代半ば

    正社員を辞めて旅にハマる。(以降、派遣社員)
    お金が溜まったら長期旅行(数週間〜数ヶ月)をするのがデフォルトに。


  • 31〜34歳頃

    醜形恐怖の症状がではじめる。出勤時の電車で毎日腹痛を起こすようになる。


  • 35歳

    出勤中にパニック発作を起こし、半年の自宅療養。
    その後、広場恐怖、予期不安を抱えながら実家近くでパート勤務を始める。

  • 36歳

    意地(何の?)で2週間の海外旅行へ。飛行機内で発作を起こすが、意地(何の?)で遂行。(というか飛行機搭乗前夜に怖すぎて号泣しました。)
    依然として予期不安はあったが、フルタイム勤務ができるぐらいには回復。

  • 37歳

    一人暮らし開始(その時は実家住まいだった。いろいろありまして。)と同時に田舎へ引っ越し。
    かなり症状がコントロールできるようになってくる。

  • 38歳

    ほぼ寛解。都会へ引っ越し。やがて完治。

ざくっと、こんな感じです。
当時の年齢については記憶があやふやな部分もあって、多少前後するかもしれません。
なお、初めにアルプラゾラムを処方してもらったのですが、幸か不幸かまったく効かず、1度飲んだきり服薬・通院はしていません。

背負うべき任務もなく、養うべき家族もなく、ストレスとは無縁の暮らしを送っていたつもりだったのですが、なっちゃうもんですね。パニック障害。いやはや。

「じゃあ、なんでなっちゃったんだろう。」

その答えを考えること。それはつまり、自分を見つめ直すことでした。
まるで、心の中でからまった糸を、少しずつ解いていくような感じ。
そうやっていくうち、今まで迷子になっていた「本当の自分」というやつが顔を出し始め、私にとってその過程がまさに回復への道程となりました。

とはいえ、それをちゃんと言葉や文字に起こしたことがないので、まだちょっと考えが散らかっておりますが。
ブログに綴っていくうちに、少しずつまとまってくるのだと思います。そしたら新しい気づきもあるかもしれない。

そんなことを期待しつつ。

以後、よろしくお願いいたします。
あ、こういうとこ似てるな。ん、ここは共感できないな。
なんて事を感じながら、生暖かく見守っていただけると幸いでございます。

Twitterでは、日々感じた事を徒然につぶやいていたりもしますー(時々しょーもない事もつぶやきます笑)

不安障害についてもっと知りたいなら

関連書籍がたくさん出ていますので、何冊か読んでみるのがオススメです
具体的な治し方からストレスケアまで、いろんな関連本が出ていますよー

不安障害の本を検索してみる

(外部リンク)丸善・ジュンク堂の総合書店「honto」より

-ごあいさつ
-

© 2021 パニック障害が治ったので書いてみます Powered by AFFINGER5